産後ダイエットは美容的に?それとも産前戻し?

妊娠、出産をすれば体重も体型も変わってしまうのは仕方がない事と言っても、やはりママになったからと言って、魅力的な女性を捨てた訳ではないですから、勿論気になる所ですね。しかも、現代では様々なダイエット法も研究され、メディアでも多く取り上げられますから皆さん、何らかの形で経験されるのでしょうね。でも最近の妊娠は病院からの厳しい体重管理が言い渡されますから、よほどの事がない限りは、無理な「産後ダイエット」をしなければいけないほど、妊娠中に太るという事は、逆に難しいかも知れませんね。

ですから、ここで言う「産後ダイエット」というのは、増えた体重を落とすダイエットではなく、妊娠、出産で崩れた(と言っても私個人の意見としては、女性にしか出来ない大役の結果ですから、それはそれで美しく魅力的だと思いますけど)体型を整えるという意味のダイエットなのでしょうか。ただ、私の経験から言わせていただくと、産後、例えば里帰り出産などで、自分や赤ちゃんの面倒を見てくれる方がいたり、ご主人さまがとても優しく協力的な方である場合は別として、もし、ご自分で産後の生活をするのであれば、現実はどんどん痩せていくのが自然だと思います。

私は一人目は里帰り、二人目は自宅で産後を過ごしました。一人目の時は、勿論周囲も大事にしすぎる位してくれたので、産前も産後も楽をしすぎて手がつけられない程太りましたが、二人目は出産の入院中も誰にも頼らず自分のパジャマなども病院のランドリーで洗濯したくらいですから、自宅に戻ってからも、赤ちゃんのお世話は勿論、家族の世話まで一人でしていたので目の回る忙しさで、授乳の為の睡眠不足や、母乳を与えていた事もあり、改めてダイエットするまでもなく、みるみる痩せて、おそらく生涯で一番痩せた時期だったと思います。非科学的ですが、私の「産後ダイエット」は、自力のみで子育て&家事をする!でしょうか。

お気に入りの車について

どのような車を購入するのかは、仕事や趣味、嗜好によって人それぞれだと思いますが、私は、ワンボックスカーが気に入っています。どうしてかと言うと、まず最初に、ワンボックスカーは車高が高く、運転席も高いため非常に運転しやすく、疲れも少なく快適にドライブが出来ることが挙げられます。また乗車定員も普通車であれば、少なくとも7人から8人は乗れますし、車内空間も広く、家族やグループでの長距離の移動が楽です。

それに荷物を十分に積めるスペースもあるので、宿泊が伴う移動には、重宝な車です。特にワンボックスを購入して、よかったと実感するのは子供が小さい頃に家族で旅行する時です。長時間のドライブでも車内空間が広いため、子どもが楽に過ごせる上にドライバーも、乗っている家族にあまり気を使わずに運転ができます。ただ燃費が少し悪いこともありますので、出来ればジーゼルエンジンのワンボックスカーであれば、いいと思います。

最近のジーゼル車は、非常に性能が良くなり、振動や騒音も少なく、燃費の良い、しかもターボチャージャーエンジンが一般的になっていますので、馬力もあり快適な車が多くなり、選択肢が広がって経済的な事情が許せば、これからもワンボックスカーを愛用したいと思います。

中古車選びの失敗談

私が初めて車を購入したのは21歳のときです。学生のときから、車を買うならトヨタのハイラックス・サーフと決めていました。欲しい気持ちが強すぎてハイラックス・サーフのプラモデルを作ったぐらいです。社会人になり、早速、中古車販売店に行き、ガンメタル色のハイラックス・サーフを気に入り、即決しました。走行距離7万5千キロぐらいでした。当時、ガソリン車、ディーゼル車のメリットデメリットも何の知識もなく、ディーゼル車を買いました。1年も経たないうちに、エンジンがやられ、廃車となってしまいました。

車に詳しい先輩に聞いたところ、私が買った年代のハイラックス・サーフのディーゼル車は、故障しやすい、いわゆる外れらしくそのとき、知識がないことの恐ろしさを知りました。新車なら無知でも大損することは無いような気がしますが、やはり、中古車となると当たりハズレがあると思いますので、専門知識のある人に相談したほうが良いと思いました。

その後、1台目のハイラックス・サーフに未練があり、2台目もハイラックス・サーフを買いました。今度は、専門知識のある先輩に相談し、見てもらい、黒のガソリン車を買いました。相談・アドバイスのおかげで、2台目黒サーフは、順調です。やはり、中古車選びは、知識が必要です。